頑固ストリート

WELCOME TO GANKO STREET


管理人のミスター・ストレンジャーです

わたくしも歳をとりました。(笑) それでも毎日一歩...二歩...散歩と歩き続けております。

長い期間ご無沙汰致しておりました

2018年も春がやってまいりました

忙しさにかまけてと言いますか、いやいや、ただ歳をとったと言う事とか、まあ・・・何と申しましょうか、ピッ、ピッ、ピッとはゆかず、ピーーーッ、ピーーーッの状態で、このページを更新させていただきます。ここ札幌は、暖かい風になったり、冷たい風になったりと、風さんもあっち行ったりこっち行ったりと大変ですね。私は4月7日と8日と教育文化会館とキタラのコンサートに足を運びました。7日の来生たかおコンサートにとても感動を覚えましたね。昔からのファンですが、2016年のコンサートに行ったとき、本当に歳をとられたなぁと思っていました。体調も良くなさそうな感じにみえ、心配さえしておりましたら、来生さんが舞台から来年は一年間お休みしますと突然言われ、しっかり充電して戻って来ますと話されました。7日のコンサート・ツアー開始が札幌でしたね、客席は満員でした。いやあ~、良かったですね~、声も張りが戻り高音もよく出ていました。おしゃべりが苦手な来生たかおさんですが、その分たっぷりと聴かせてくれました。うっとりするほど素晴らしかったです。また次の日のコンサートはキタラにて、天満敦子さんのヴァイオリンの演奏を堪能いたしました。私は天満さんの演奏を初めて聴きましたが、ただただうっとりと酔いしれておりました。観客たちも息も出来ないような静けさを保ち、14曲から15曲を堪能いたしましたねぇ。アンコールの曲は「月の砂漠」でした、私のもっとも好きな曲です心が洗われるような良い心地でした。この年で結構忙しくドタバタしておりますと、月に1回か2回の息抜きにコンサートへ出かけるのもいいものです。帰り際、「Goodbye♪day♬」と心の中で口ずさんでおりましたよ。

歳をとるということの難しさ

若い頃から、どんな年寄りになるのかな~、なんてよく考えていましたよ。可愛いおばあちゃん、可愛いおじいちゃんと人から言われるような、道端に座っているだけでほっとけないと思われるような、そんな年寄りになれたらいいなあ.....と思っていたものです。自分はその年寄り目前になっています、来年から年金を受給する年です。さて、相方の爺さん、頑固です、自分より10歳年上の頑固爺には時々ハッとさせられます。爺さん日ごろから道路を歩くのは歩行者優先!車はじっと待つべき!何が悪い!そりゃあ、横断歩道を青信号で渡って何が悪い訳ではないのです。チカチカ点滅しているのに渡らなくてもいい、赤信号に変わったばかりで渡ることは無い!と私は言っているのです。人間歳を取ってそんなに急いで渡る必要性があるのか?と、私は叫びたいのです。普段から口癖のように「年だよ、物忘れはするし、あちこち痛むし、目は見えないし、耳まで聞こえなくなってきた」と爺さん全開モードなのに、信号機や道路横断に関しては実に危険人物なのである。私が少し先を歩いていて信号が点滅したので、後ろの爺さんのことを思って横の角の信号待ちをした。てっきり私の後をついているものだと思いきや、点滅中の信号を渡っているではないか、思わず大声で叫んだ、すると爺さん、私の方を見て「どうしたんだ?」私思わず「危ない!!」と叫ぶ。爺さん、赤信号で渡る。頼むから、歳をとったなら信号の一つや二つ待つぐらいのゆとりが欲しいよ、普段はゆったりしているにも関わらず、なぜか道路横断、信号には頑固として逆らうのか?分かりません。私はいつもテレビのニュースで事故を知り、高齢者が車の下敷きになり病院へ搬送されたと聞くとドキッとしている毎日です。これからますます二人のジジババ奮闘記が始まるのでしょう(笑)

さっぽろにも桜が咲きましたね~~!!

いやあ、今年の冬は短かったような、長かったような、やはり短かったのかなあ。今朝、自転車でくる途中に道路沿いに桜がきれいに咲いていました。毎年のこととはいえ、桜を見ているとうっとりして、思いっきり深呼吸してしまいます。今年も無事で冬を過ごせました「生きていました」とつい報告してしまいました。日本列島に桜の木があって本当に良かった、そして桜前線と呼ばれ日本中にピンクの幸せを走らせる。日本っていいなあ。

ここサッポロにも春がやってまいりました(^。^)/

さあ!みなさん、春ですよ春!まだ家の中に冬眠している方はいませんか? 朝起きたら、まず思いっきり窓を全開にしてみませんか。数十秒でもいい、一分でもいいんです。私は窓を開けると朝日が真正面に見えるんです無宗教の自分ですが、自然に手を合わせて「今日も一日無事で過ごせますように」ってお願いしたりして、夜の月が見える時も「今日も一日無事でいられましたありがとうございます」って口から出ます。みなさん、太陽や月の恩恵を思いっきり感じてみませんか。歳を重ねるたびに皮膚も段々と白くなり弱弱しくなってきますね。日焼け止めクリームなどを使用しながら、思いっきり紫外線を浴びてやれ~~って思います。(笑)

氷河期でもくるのか?

ここ北海道札幌市は大変な大雪と寒さの中新年を迎えました。何という雪の多さでしょう!年末に、私はバス停でいつものバスを待っていましたよねぇ、夕方5時20分に来るはずのバスが1時間40分待っても来なかった。私もかなり我慢強い性格です、これまで最高25分遅れて来たことはありました。あの寒い中身動き一つせず外で立ちっ放し、目の前の車の流れを見てもそんなに渋滞とは思えないのである。電車(市電)であれば今は各乗降場にアナウンスのスピーカーが設置されているが、バス停にはそんなものはないのです。だから、乗客はただ待つしか選択はない。いやあ~~、待ちました、1時間40分ただ待ちましたね。その頃には足の指先がさすがに冷たくなり、歩くにも歩けないのです。もちろん手の指先も同じです。私が待っていたバス停は始発から2駅目の場所です、いったいバスはどこを走っているのか?とうとう我慢出来ずにバス停の看板にあった電話番号に電話しました「もしもし、〇〇発のバスは今どこを走っているのか無線で大至急確認して!!」怒るにも寒さで声が震えて出ず、電話に出た係の人はただただ「申し訳ございません」、返事はそのバスはまだ始発駅に着いていない状態です!!ええーーっ!もう我慢出来ず、その後に来た違うバスにすぐ乗りましたよ。しばらくの間寒さで体の震えが止まらず生きた心地がしませんでした。このバスの終点で降り、乗り継ぎである、ここでまた20分寒い中で待たされた。自宅に一番近いバス停で降りて歩きながら考えた、疲れた、寒い、自宅まで持たない、目の前にラーメン屋さんがあった。私は一人でラーメン屋さんに入ったことがない、しかし、とにかく体を温めなくてはと思い勇気を出して入った。お醤油味のオーソドックスなラーメンにした。出来立てのラーメンはすぐにきました。箸を持つ手がまだ震えていました、最初の一口のスープがとんでもなく不味い!!嘘でしょう、ラーメン屋さんのラーメンってこんなに不味い?それとも私の頼んだラーメンが不味かったのか?うわー、今日は何て日だ。5時20分のバスに乗るはずが自宅に着いたのは9時05分、部屋が寒い、暖房が温まるまでむなしい思いに浸ってしまいました。翌日から咳が出だし、これまで一度も風邪をひいたこともない自分が風邪に引き込まれるなんて嫌だぁ~~、と言ってなんとか年末年始の仕事をやり終えて終わった瞬間に寝込んでしまいました。気がつけば今日は1月6日です、まだ頭痛は残っている状態ですが、このホームページをアップしました。我慢強さがあだとなった。今は笑うしかない。

バナナの赤ちゃんを食べてみた


南の島に住んでいる友人から送ってきた大量のバナナの中に見つけた赤ちゃんバナナ。恐る恐る皮をむいてみたら何と色もしっかりとしたバナナ、可愛い~~、さて、この赤ちゃんバナナの味はいかがなものか・・・勇気をもって食べてみた。「美味しい‼」何ということでしょう味も色も成熟したバナナでした。このバナナの味は私の大好きな「アップル・バナナ」でした。日本では最近バナップルとして売り出されるようになりましたね、値段も結構高価です。私がアップル・バナナと最初に出会ったのは今から40年前のハワイでのことです。忘れられない味でしたよ。

ただいま一部工事中です

皆様には、大変ご迷惑をおかけしておりますが、もうしばらくお待ちくださいませ。

僕は番犬のチャッピィ君です。