《宝泉保育園》 子どもたちは遊びからすべてを学んでいます。

保育目標 保育園の概要 保育体制について 1年間の行事 1日の活動と楽しい食事 入園のご案内 交通のご案内
トップへ戻る
保育目標 園の概要 保育体制 年間行事 1日の活動
楽しい食事
入園案内 交通案内 トップ

宝泉保育園では、こんな活動をしています。


縦割り保育
縦割り保育
縦割り保育
 3歳以上の子どもたちは、3・4・5歳児の縦割りクラスで生活しています。「ぱんだ」「きりん」「うさぎ」という名前がついているので、通称「動物クラス」と呼んでいます。それぞれに担任がいて、大家族の兄弟のようにすごしています。「動物遊び」と呼ばれる活動では、一斉の活動ではなく、子どもたちがそれぞれ自分で選んだ活動に取り組みます。その活動内容は、「モンテッソーリ教具」を使ったものや保育者が考え工夫したものなどです。このクラスの狙いは、年齢にとらわれることなく、子どもの自主性を大切にし、個々の育ちを尊重すること。そして、異年齢の中で互いに認め合い、思いやる心を育むことにあります。

年齢別保育
 造形・リズム・運動などの活動は、年齢による能力差が大きいため、年齢別に行う必要があります。そのため、これらの活動は「ゆき(3歳児)」「ほし(4歳児)」「つき(5歳児)」という年齢別クラスを設けて行っています。このクラスの中で、3歳児は午睡もしますし、5歳児には就学前指導も行います。恒例の運動会や発表会では、このような年齢ごとの成長の様子を垣間見ることができます。動物クラスの担任は、同時にこの3・4・5歳児の担任でもあります。 年齢別保育

未満児保育
未満児保育

未満児保育
 産休明けからお預かりしていますが、0〜2歳児までを「未満児保育」と言います。「つぼみ(0・1歳児)」「はな(2歳児)」という名前がついているこのクラスでは、働く保護者に代わって、暖かい家庭的な環境の中での保育を基本に考えています。0歳児には、ミルクや午睡の時間を一人一人に合わせていますが、1・2歳児では、徐々に食事や活動がみんなとできるようになっていきます。少しづつ生活時間が安定し、健やかな成長の基本となる良いリズムができるということです。未満児保育では、基本的な生活習慣を身につけ、健康でのびのび活動できるように援助することが大切と考え、たくさんの働きかけや様々な遊びを取り入れています。そして、何よりも、元気で楽しく安心して過ごせる場でありたいと考えています。

運動遊びの日
 2・3歳児は週1回、4・5歳児には週2回、「運動遊びの日」を設けています。もちろん、普段からたくさん体を使って遊んでいますが、この日は体操服に着替えて気持ちも引き締め、年齢毎の発達に合わせた内容で、運動機能を高める遊びを行います。この中で、飛び箱やマット運動などの用具や道具を使った遊びにも、段階的に取り組んでいきます。 運動遊びの日

保育目標園の概要保育体制年間行事1日の活動,楽しい食事入園案内交通案内トップへ

(c)Copyright 2002 Housen Hoikuen All Rights Reserved