じゅんごであそぼう! ぴかぴか〜



純碁(じゅんご)というのは、囲碁(いご)によくにているけど、それとはちょっとだけちがうゲーム。でも、純碁であそべるようになると、すぐに囲碁もうてるようになります。とってもおもしろいゲームだから、友(とも)だちや家族(かぞく)のひととあそんでみてくださいネ!

*すでに囲碁を打ったことのある方(囲碁のルールを知っている方)や、初心者に囲碁指導している方は、「純碁のすすめ」をお読みください。


純碁(じゅんご)のルール

まずさいしょに、つぎの2つのことをおぼえてください。

☆ 石(いし)は、線(せん)と線のまじわるところにおく。

☆ いちど石をうったら、うごかせない。

つぎにルールをせつめいします。

黒石(くろいし)と白石(しろいし)はじゅんばんに一手(いって)ずつうつ

右(みぎ)ののように、黒1、白2、黒3、白4……と、かわりばんこにうっていきます。うつところがなくなったときや、うつと相手(あいて)にとられてしまうのでうちたくないときは「パス」してください。

あいての石を囲(かこ)めば、取(と)ることができる

みかたの石が、あいての石のまわり(タテのせんとヨコのせん)をすべてふさいでしまったときはとることができます。

白は「ア」とうてば、黒石1こをとることができます。
こういうかたちを「アタリ」といいます。

白が黒石1こをとってしまうと、こうなります。とった石は、あいてにかえしてください。

あいての石が2こになっても、3こになっても、4こになっても、かこんだらとれるのはおなじです。白は「ア」とうてば黒石をとれます。

白が黒石をとると、こうなります。

左側(ひだりがわ)も、白が「ア」とうてば、黒石8こをとれます。

とったあとは、右側(みぎがわ)のようになります。

くりかえしはダメ(「コウ」というルール)

右(みぎ)は、黒石3こが白イの石をアタリにしているところ。つぎに黒はアとうてば、白石1こをとることができます。

ではとってみましょう。

黒が白石をとると、こうなります。でも、こんどは黒アの石が、白にとられそうです。もし白が黒石をとると上(うえ)の図(ず)にもどり、いつまでたってもおわらなくなってしまいます。

そのため、さきに黒がアと白石をとったとき、白はすぐにとりかえすことができないルールになっています。このかたちを「コウ」といいます。

打(う)ってはいけないところがある


じぶんが石をうったとき、「あいての石にまわりをすべてかこまれてしまうところ」にはうてません。たとえば左(ひだり)のア。ここに黒はうつことができません。

でも白ならアにうつことはできます。

しかし左(ひだり)のようなとき、黒はアにうつことができます。

つぎの手(て)であいての石をとることができるばあいは、アにうつことができるのです。

石のかずの多(おお)いほうが勝(か)ち

二人(ふたり)ともうつところがなくなったら、石のかずが多(おお)いほうが勝(か)ちになります。

右のばあい、黒石は41こ、白石は34こなので、黒の7目勝ち(ななもくがち)となります。


これで「純碁(じゅんご)」のせつめいはおしまいです。さっそくおともだちとあそんでみてくださいね。

☆お手本(てほん)のゲームをみたいひとは、
ゼニガメをクリックしてください。


*当ページで使用しているポケモンの画像は、「POKEMON IN MY POCKET」の
*フリー素材を使用させていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。
*(Copyright=Nintendo/CREATURES/GAMEFREAK/TV TOKYO/SHO-PRO/JR kikaku)


★純碁が実際にどういう進行になるのか知りたい方のために、9路盤のサンプルゲームを用意しました。Java appletが動く方はサンプルゲームの再生・鑑賞ができますので、ぜひ一度ご覧ください。

★「純碁」が創案された背景や囲碁ルールの歴史に興味のある方は、王銘エン九段著「純碁」をご一読ください。(ただし囲碁初心者には少し難しいかもしれませんので、あしからず)


ホームに戻る

最終更新日:1999.12.19