象戯秘曲集

象戯秘曲集 添田宗太夫

1番―第10番 第11番―第20番 第21番―第30番 第31番―第40番 第41番―第50番
第51番―第60番 第61番―第70番 第71番―第80番 第81番―第90番 第91番―第101番

添田宗太夫

元禄から享保時代、伊藤宗印名人と同時代に活躍した棋士。七段。越中富山藩、前田利興の家臣で、前名を神山孫兵衛ともいう。 正徳三年(1713)の『将棋国彙』の名寄の中に「六段 松平長門守家中」と出ているそうである。遺譜も多く、 当時屈指の強豪であった。棋カから察して、家元で修業を積み、御抱え棋士として松平家に仕えた人で はないであろうか。生年没年共に不詳であるが、最も古い棋譜が元禄十四年(1701)であるから、 彼の『象戯秘曲集』が出版された宝暦二年(1752)には相当の高齢か、故人だったと思われる。

実戦集




Since:20th.December.1999
All right reserved copyright (C) k-oohasi 1999-2009

詰将棋博物館