将棋衆妙

将棋衆妙 三代大橋宗桂

1番―第10番 第11番―第20番 第21番―第30番 第31番―第40番 第41番―第50番
第51番―第60番 第61番―第70番 第71番―第80番 第81番―第90番 第91番―第100番

 三代大橋宗桂

 二代宗古の実子。幼名政成。慶長十八年(1613年)に生まれ、万治三年(1660年)48歳で没した。棋力七段。
 彼の詰将棋百番『象戯作物』(俗称『将棋衆妙』)は正保三年(1646年)刊で、作者の跋はあるが、献上図式の慣例である林家の序文は付いていない。これは『衆妙』が献上図式でなかったためと言われる。
 『象戯作物』には万治二年(1659年)版、貞享三年(1686年)版もあり、年代不明『四代宗桂象戯作物』、年代不明『作物』、元禄六年(1693年)版『四代宗桂将棋指南抄』、天明九年(1789年)版『宗桂秘術選象戯曲尺集』、天明九年(1789年)版『将棋曲尺集』、寛政二年(1790年)版『将棋指南筌』、弘化四年(1847年)版『将棋衆妙』などの版もあるが、内容は同一である。
 なお、大橋家は彼が比較的若死にし、四代宗伝も早世して、いったん断絶することになる。
 

Since:20th.December.1999
All right reserved copyright (C) k-oohasi 1999-2009

詰将棋博物館