当山の開基は、今から一千百余年前の平安時代(八〇八)にさかのぼります。
十五歳の慈覚大師・円仁(後の天台座主第三祖)が、師の広智阿闍梨に伴われて、
故郷の下野国(今の栃木県)から比叡山の伝教大師・最澄のもとへ向かう途中、
目黒の地に立ち寄りました。
 その夜の夢中、面色青黒く、右手に降魔の剣を提げ、左手に縛の縄を持ち、
とても恐ろしい形相をした神人が枕の上に立ち現れて『我、この地に迹を垂れ、
魔を伏し、国を鎮めんと思うなり。来って我を渇仰せん者には、諸々の願ひを成就させん』
と告げ、夢覚めた後その尊容を黙想し自ら、像を彫刻して安置したのに創まります。
(ご尊像は秘仏として十二年に一度、酉年にご開帳されます)
 その後、大師は唐(今の中国)の長安にある青竜寺の不動明王を拝し、
先の神人がこの明王であると分かり、帰朝して堂宇を建立します。
棟札に『大聖不動明王心身安養咒願成就瀧泉長久』と認め、この「瀧泉」をもって
寺号と成し、山号は清和の御代に「泰叡」の勅額を賜り、泰叡山と称しました。
 
 関東最古の不動霊場として、熊本の木原不動尊、千葉の成田不動尊と併せて
日本三大不動の一つに上げられます。
 
 また、堂宇建立の敷地を定めるに当たり、大師が所持の法具「独鈷」を投じた
浄地より湧出した「独鈷の瀧」の流れは、数十日間の炎天旱魃が続いても
涸れることなく、不動行者の洗心浄魂の場として、今日に至るまで滔々と
漲り落ちています。
 
 
江戸時代には、徳川三代将軍家光がこの地で鷹狩りををした際、その愛鷹が
行方知れずになり自ら不動尊の前に額ずき祈願を籠めました。すると、
忽ち鷹が本堂前の松樹(鷹居の松)に飛び帰ってきたので家光公はその威力を尊信し、
諸堂末寺等併せて五十三棟に及ぶ大伽藍の復興を成し遂げました。
その伽藍は『目黒御殿』と称されるほど華麗を極めました。
(広重の「江戸名所図会」に詳しい)
 
 かくして五色不動(目黒・目白・目赤・目黄・目青)のひとつとして江戸城守護、
江戸城五方の方難除け、江戸より発する五街道の守護に当てられ、
江戸随一の名所となりました。

 
明治時代になると西郷隆盛や東郷元帥等が篤い信仰を寄せられ、
祈願に訪れております。

※境内裏山一帯は『目黒不動遺跡』として縄文・弥生時代の住居跡、土器等が、
発見されています。

さつまいもの栽培を広めた食料の恩人、青木昆陽先生は蘭学者・文化人としても
日本社会に貢献し、目黒の土地を愛して、自ら『甘藷先生墓』と書きました。
そのお墓が今は国の史跡となっております。

縁 起