ディック・ミネのレコード
世紀の伊達男「ディック・ミネ」の秘曲集

ジャズソング
ジャズの仲間

門田ゆたか作詩
大久保徳二郎作曲
杉原泰蔵編曲

ディックミネ

A−7

★ディックファンならこの曲を聴いて唸らない者は
いないほどのスウィング感たっぷりの名曲。
間奏はホットジャズよろしく聴かしてくれるのが
うれしく、古老コレクターも揶揄的に「戦時下にこれは
ないだろw」と評するほど人気がある。
片面の東京ブルースは「セントルイスブルース」に
ヒントを得た曲でこちらもまた絶品(保)
 
流行歌
日活「うら街の交響樂」主題歌

恋とは荷物と同じよ

瀬川與志作詩
古賀政男作曲

川畑文子 ディック・ミネ

50033

★ご存知川畑とディックのヂュエット。
少し前に乗越さんのホンでブームになり、復刻
されたので耳にされた方もおられると思うが、
古賀のなんとも言えない珍妙なメロディーが
逆に心地よい一曲。この二人がこの曲調で
吹き込まされているのもテイチクイズムかw(保)
 
ジャズソング
センチメンタル東京

門田ゆたか作詩
大久保徳二郎作編曲

ディック・ミネ

T3071

★なんとなくエキゾチックな曲でどちらかというと
タンゴ調である。
演奏が控えめでいいのだが、どうもパットしない。
片面の轟の「東京リズム」の方がテンポが軽快。
どちらにしても、珍しい一枚であるが曲としては
いまいちなのが残念(保)
 
流行歌
お洒落禁物

門田ゆたか作詩
大久保徳二郎作編曲

三根耕一

T3094

★昭和15年の七・七禁令を真面目に宣伝
しているのかそれとも茶化しているのか
よくわからない一曲。
ともかくこのスウィング感と伊達男の
ディックが甘い歌声で国策励行を
歌い上げる珍妙さは天下一品!絶妙である。
よく聴くと「青い空僕の空」「明るいサンルーム」
とどこが違うのか?と見紛える程の大久保調。
上記の3作に比べると流石に3番煎じの感は
否めない。
曲もレア度も第一級(保)
 
ジャズソング
ダイナ

三根徳一作詩
A・Lキング編曲

唄 ディック・ミネ
A・Lキングエンド・ヒズ
フロリダ・リズム・エーセス

50164

★ディックの十八番ダイナであるが、A・Lキング版
の方が格段にスウィング感がよろし。
ディックも乗りに乗って心地よし。
緑盤も改めて聴いてみるとあれはあれで
味があるが、聞いて楽しむには断然こちら。
A・Lキング盤は他にバートンに伴奏をつけて
いるのもあるが、それはこの盤以上に珍盤(保)
 
歌謡曲
夜のタンゴ

門田ゆたか作詩
ベックマンボルクマン作曲
吉野 章編曲

三根耕一

T3206

★往年の名タンゴのカバーであるが、そろそろ
ジャンル表示にも歌謡曲で誤魔化そうとして
いるのが垣間見える。
表面は「白薔薇の月」佐渡暁夫の曲だが
やはり何かこう臭くて個人的には裏面の夜の
タンゴに軍配を上げてしまう。
編曲は申し分ないし、演奏・歌唱ともに戦前
最高水準をキープしている。
このレコードはよく見かける(保)
 

Home