千葉にはいつも波がある!
一年中ボディボードサーフィン シーズン


ボディボーダーズHEAVEN千葉【サーフィン・ボディボード】
ボディボーダーズHEAVEN千葉
2006/2/28〜3/ 3
東浪見海岸〜太東漁港
地元サーファーが助けたイルカ
太東のイルカのモニュメントも淋しげに見えます
東浪見から志田下に70頭以上のイルカが打ち
上げられサーファーや地元の人の救出活動で
太東漁港に運ばれました。3/3現在 太東漁港内を
元気に自力で泳ぐイルカの姿がありました。 
東浪見のサーフショップVillage提供 イルカを必死で助けるサーファーたち(2006/2/28)
イルカは 「カズハゴンドウ」という種類で口先が丸いイルカ。
国立科学博物館と、地元サーファーや漁師さんの協力で
「弱っているイルカは沖に戻すより休ませた方が良い」と
隣りの太東漁港内で休養させる事になったそうです。
地元のオジサン達も軽トラックにイルカを1〜2頭乗せて
太東漁港までピストン輸送したそうです。
-海の旅-のダイバーなら馴染みの方も多いイルカですが
あの大きく重いイルカを、良く運んだなぁ・・思います。
しかし当日は、大変な光景だったようです。
2006/ 3/ 3地元サーファーが助けたイルカたち
太東漁港内を泳ぐイルカです。心配そうにイルカの様子を見守る地元の人たち。
中には体力が回復し、イルカらしく泳ぐのもいました。尾びれは相当傷がついています。
一方、目を固く閉じたまま、反転しながら泳いでいるイルカもいます。
怪我して口から血が出ているイルカです。この2頭はずっと寄り添って泳いでいました。
元気になって沖に帰ってくれることを願います。港の外は今日も波が高いです。
千葉テレビも同じ光景を撮影していて、当夜のニュースで「イルカは回復傾向」と放送していました
原因はイルカが寄生虫に侵され方向性を失った、シャチに追いかけられたなど 考えられるようですが
房総沖地震など不吉な前兆でなければ良いと思います。今回のイルカの救出を聞いて思った事ですが
東京なんかじゃ人が倒れていても、笑いながら通り過ぎる若い人たちも多い、最近の日本ですが、
一方で、冷たい海にウエットも着ず、ジーンズ姿でイルカを助ける一般の人もいたと聞きました。
優しい心を持った人達も、まだ日本に たくさんいるんだなぁ・・救助した方々に頭が上がらない思いです。
コチラに救助にあたったサーフショップの方の、涙無くして見れないリアルタイムなレポートがあります。
060225片貝海岸サイドオン ■海の旅・番外編-NO.060303- -海の旅 →太東海岸サーフポイント
Copyright (C)yuki7.com All rights reserved ボディボーダーズHEAVEN千葉【サーフィン・ボディボード】ボディボーダーズHEAVEN千葉