幼稚園紹介

あいさつ 

準備中・・・

 

 

 

 

沿革

 昭和32年4月、創立者の「広いお寺の敷地を子どもたちのために」という思いと、地域からの要望もあり、
1棟2クラスで開園しました。

 その後、六角形の独特な形の園舎を次々に増築し、幼稚園としての環境整備に努めました。
 現在では伝統ある園として広く知るところとなり、5300名を超える卒園児は各分野で活躍しています。


保育方針     ”健康・自主・調和”

 幼稚園生活の中で、「心を育てる」「日常の基本的生活習慣」「あそびきる」ことを大切にし、

●丈夫でひとり立ちできる子=健康・自主性

●仲良く遊ぶ子=協調・共同性

●よく聞き、よく話し、よく作る子=創造性

を育てるべく、子どもたちを見守ってまいります。

 幼稚園での集団生活を通じ、社会性を身に着け、個性と創造力を養い、
おおらかで明るく健康な子どもの育成に努めます。


保育内容

 毎日の遊びを大切にしながら、幼稚園教育要領の5位領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)等を総合的に
指導します。人間形成に必要なしつけや伝統行事は取り入られていますが、宗教傾向な保育ではありません。
 ピアジェ発達心理学説による、「ことばあそび」「かずあそび」の教材を採用。観察力、表現力、創造力の芽を伸ばし、情緒・考工夫する力、最後まで頑張る姿勢を育てます。
 裏の畑では、じゃがいも、トマト、きゅうり、さつまいも等を育て、四季の自然と共に活動します。収穫後は
みんなで食べて、採れたての美味しさや食べ物への感謝の気持ちを学びます。


幼稚園の環境・施設
 熊谷市の 

熊谷市の郊外に位置し、裏には水田や畑が広がるのどかな環境の中にあります。昭和32年の創立から続く歴史ある平屋建ての園舎は、全保健室が園庭に面し、光や風がよく入ります。子どもが元気にのびのび過ごせる温かい
場所でありたいと考えます。

 園地面積:1900㎡
 園庭面積:730㎡(付属寺院境内:7300㎡)
 ●講堂 ●園舎4棟(保育室10室) ●園庭遊具 ●仮設プール(40名用) ●通園バス

 

保育日程

●保育日程

・第1保育期 4月1日~ 8月31日
・第2保育期 9月1日~12月31日
・第3保育期 1月1日~ 3月31日
・夏期休暇(8月中に夏期保育あり)、冬期休暇、春期休暇

●保育時間

 午前9時半~午後2時半
 園バスは朝7時半から運行開始。自家通園は朝8時から登園できます。

●延長保育

 保育終了後お子様をお預かりします。(おやつ付き)
 午前保育後、夏期保育後もお預かりできます。その場合はお弁当持参です。

〈預かり保育料金〉
 通常保育後~午後5時半まで       1回450円
 午前保育・夏期保育後~午後5時半まで  1回800円


クラス定員

 年長組(5歳児) 3クラス(70名前後)

 年中組(4歳児) 3クラス(70名前後)

 年少組(3歳児) 3クラス(50名前後)

 満3歳児クラス  1クラス(10名前後)