【懐かしい歌へ】

お気に入りの歌@
<いろいろの思い出>

【お気に入りの歌@へ】 【お気に入りの歌Aへ】 【お気に入りの歌Bへ】
【お気に入りの歌Cへ】 【お気に入りの歌Dへ】 【お気に入りの歌Eへ】
【お気に入りの歌Fへ】 【お気に入りの歌Gへ】 【お気に入りの歌Hへ】
【お気に入りの歌Iへ】 【お気に入りの歌Jへ】 【お気に入りの歌Kへ】


  01 げんげ草
  03 羽衣
  05 千曲川旅情の歌
  07 青葉の笛
  09 至誠寮寮歌
  02 月見草
  04 近江八景 
  06 信濃の国
  08 原爆を許すまじ
  10 埴生の宿



[ 1 げんげ草  ]

一  ねんねのお里のげんげ草
   ぽちぽち 仔牛も遊んでる 
   牧場の牧場のげんげ草 
   誰だか遠くで呼んでいる 

二  ねんねのお里はよい田舎 
   ねんねの豆汽車下りたなら 
   野道はひとすじ 田圃道 
   藁屋に緋桃も咲いてます 

三  ねんねのお守はいやせぬか 
   ちょろちょろ小川もながれてる 
   いつだか見たよな橋もある 
   小薮のかげには閻魔堂 

四  ねんねのお里で泣かされて
   お背戸に出て見たげんげ草
   あのあの紅いげんげ草
   誰だか遠くで呼んでいる

 私は小学校三年まで小川分教場だったが、四年になって秋になると音楽会があった。大きなステージに五年生の小さい女の子が一人立った。その子の声はすばらしく雲雀のように、無邪気に声を張り上げて歌ってくれた。高い音程も抜けていくように気持ちよく、脳みその奥深くまで入ってきたんでしょう。一度聞いただけだったのに、その曲のリズムや一番の歌詞があとあとまで記憶されていた。無邪気で、真剣な動き、声の質、それはシェレーの詩を見てから、再び鮮明に脳裏に浮かんだ歌だった。
 ほのぼのとした思い出の歌となったのです。

[ 2 月見草  ]   文部省唱歌

一  夕霧こめし 草やまに
   ほのかに咲きぬ 黄なる花
   都 の友と こぞの夏
   たおり暮らしし 思い出の
   花よ花よその名もゆかし 月見草
二  月かげ白く 風ゆらぎ
   ほのかに咲きぬ 黄なる花
   都 にいます 思い出の
   友におくらん においこめ
   花よ花よその名もいとし 月見草

   風清く たもと軽し
   友よ友よ 来たれ丘に
   静けくも月見草 花咲きぬ

 この歌をいつどこで憶えたのだろうか。どうしてもわからない。自分では天竜川原のあちこちに咲いていた月見草が好きだった。おおきくなってから、何色が好きですかと聞かれると、きまって黄色が好きですと答えてきた。この歌の持つ不思議なやさしさが、私をとりこにしたのかもしれない。
清楚
 楚々として、憂いをこめてひとり咲く花、月見草。 遠く山を望み、夕闇せまる静かな川べりに、月待ちて咲く。 海のエネルギーや、季節を謳歌する牡丹の誇らしさも見せず、静かな川の流れと、夕闇の哀感に調和して咲く月見草。 つつましい慕情を感じさせる花なんです。

[ 3 羽衣  ]

 合唱  三保の松原 うらうらと  
     日は晴れわたる空の上   
     天津少女の舞の袖     
     あざやかにこそ見えにけれ 

 天女  あら かなしや
     松の枝の羽衣失せて    
     帰るすべなき雲の通路   

 合唱  得たりと拾う 浜の漁師  
     持ち帰りてぞ宝にせんと  

 天女  衣 なくては       
     如何にして        
     雲居のはてに帰るべき   
     疾く疾く返せ       
     人間に          
     着る用もなき羽衣を    

 漁師  返せとや さて返せとや  
     いと惜しけれど      
     さらば返さん       
     天人も          
     心しあらば        
     更に一舞 まいても見せよ 

 合唱  舞うや 麑裳羽衣の曲   
     見る見る 影は遠ざかり  
     あとに残れる富士の山   
     うららかにこそ浮かびけれ 

 昭和二十二年、長野の檀田で佐々木賢明と隣り合わせの下宿となった。彼はこの歌を口誦み、たちまちこの歌の持つ魔力に私は魅せられた。折々にこの歌を口誦んだが、歌詞が今ひとつ判然としなかった。誰に聞いてもわからなかった。平成八年塚田清美さんから楽譜と歌詞を手に入れることができた。やっとわかったのである。
 だが佐々木賢明はもういない。誰かこの歌を天空にいる彼に届くよう歌ってほしい。それがこの歌に寄せる私の願いである。

[ 4 近江八景  ]

一  琵琶の形に似たりとて       
   其の名をおえる湖の        
   鏡の如き水の面          
   あかぬながめは八つの景      

二  まず渡り見ん瀬田の橋 瀬田唐橋 
   かがやく入日美しや        
   粟津の松の色はえて   粟津春松 
   かすまぬ空ののどけさよ      

三  石山寺の秋の月     石山秋月 
   雲おさまりてかげ清し       
   春より先に咲く花は        
   比良の高ねの暮の雪   比良暮雪 

四  滋賀唐崎の一つ松    唐崎老松 
   夜の雨にぞ名を得たる       
   堅田の浦の浮御堂    堅田落雁 
   落来る雁も風情あり        

五  三つ四つ五つうち連れて      
   矢橋をさして歸り行く  矢橋歸帆 
   白帆を送る夕風に         
   聲程近し三井の鐘   三井晩鐘 

 中学校に赴任してから六年目、神稲中学三年生担任のとき、旅行に関する調べをしていたとき、新体詩のメロディーで母から全部聞いたのである。母はそのとき五十歳ころだったし、こんな新体詩を口ずさむことなど全く知らなかった。昔のことで母は小学校六年までしか教育を受けていなかった。その母から近江八景すべて口移しで教えられたのである。忘れ得ない歌である。

[ 5 千曲川旅情の歌  ]

   小諸なる 古城のほとり
   雲白く 遊子悲しむ
   緑なす ハコベは萌えず
   若草も 藉くによしなし

   銀の衾の 岡辺
   陽に溶けて 淡雪流る
   暖かき 光はあれど
   野に満つる 香りも知らず

   浅くのみ 春はかすみて
   麦の色 あずかに青し
   旅人の 群はいくつか
   畑中の 道を急ぎぬ

   暮れゆけば 浅間も見えず
   歌かなし 佐久の草笛

   千曲川 いざよう波の
   岸近き 宿に上りつ
   濁り酒 濁れる飲みて
   草枕 しばし慰む

 藤村の本を何冊か読んでいて、近代以前の旧家のもつ家の重みやしがらみが、維新変革を支えきれずに音をたてて崩れていくのを藤村は実感したことだろうと思う。小諸は悶々とする青年にとっては第二の故郷にちがいない。
 神稲中学校の二階の教室で、みんなでこの歌をうたった。落ち着いたしっとりとした郷愁を感ずる名歌だとおもっている。

[ 6 信濃の国  ]

一  信濃の国は 十州に  境 連ぬる 国にして
   聳ゆる山は いや高く  流るる川は いや遠し
   松本伊那佐久 善光寺  四つの平は 肥沃の地
   海こそなけれ 物沢に  万 足らわぬ事ぞなき

二  四方に聳ゆる 山々は  御嶽 乗鞍 駒ヶ岳
   浅間は殊に 活火山  いずれも国の 鎮めなり
   流れ淀まず 行く水は  北に犀川 千曲川
   南に木曾川 天竜川  これ又国の 固めなり

三  木曽の谷には 槙繁り  諏訪の湖には魚多し
   民のかせぎも 豊かにて  五穀の実らぬ 郷やある
   しかのみならず 桑取りて  養蚕の業も 打ち開け
   細き縁も 軽からぬ  国の命を つなぐなり

四  たずねま欲しき 園原や  旅の宿りの 寝覚めの床
   木曽の桟橋 かけし世も  心して行け 粂路橋
   来る人多き筑摩の湯  月の名に立つ 姨捨山
   著き名所と 雅男が  詩歌に詠みてぞ 伝えたる

五  旭 将軍 義仲も  仁科の五郎 信盛も
   春台太宰 先生も  象山佐久間 先生も
   皆此国の 人にして  文武の誉 類なく
   山と聳えて 世に仰ぎ  川と流れて名は尽きず

六  吾妻はやとし 日本武  嘆き給いし碓氷山
   穿つトンネル 二十六  夢にも越ゆる 汽車の道
   道一筋に 学びなば  昔の人にや 劣るべき
   古来山河の 秀でたる  国に偉人の あるならい

 最近、各都道府県では県歌づくりに熱がはいっているようだ。長野県では戦前の学校の運動会で「信濃の国」の遊戯を高学年の女の子全員でやっていたせいで、誰でも歌えるようになっていた。

[ 7 青葉の笛  ]

一  一の谷の 軍破れ
   討たれし平家の 公達あわれ
   暁寒き 須磨の嵐に
   聞こえしはこれか 青葉の笛

二  更くる夜半に 門を敲き
   わが師にたくせし 言の葉あわれ
   今わの際まで 持ちし箙に
   残れるは 「花や今宵」の歌

 小学校へあがったころだったろうか。母の在所へ行ったとき、広がる谷あいの景色の中で、哀調をふくんでいるこの歌をきいた。なかば哀調をもつ歌は幼少のこどもの心をとらえると聞いたが、善性の一端と共鳴して脳裏に残るのかもしれない。
 歌っていたのは一つ年上の叔父だった。いい声の持ち主だ。いまは頭も禿げあがってしまった。 

   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「 8 原爆を許すまじ 」 浅田石二作詞・木下航二作曲

ふるさとの街やかれ
身よりの骨うめし焼土(やけつち)に
今は白い花咲く
ああ許すまじ原爆を
三度(みたび)許すまじ原爆を
われらの街に

ふるさとの海荒れて
黒き雨喜びの日はなく
今は舟に人もなし
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
われらの海に

ふるさとの空重く
黒き雲今日も大地おおい
今は空に陽もささず
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
われらの空に

はらからのたえまなき
労働にきずきあぐ富と幸
今はすべてついえ去らん
ああ許すまじ原爆を
三度(みたび)許すまじ原爆を
世界の上に

 稲神中学校の二年生の教室は二階で、ABC三教室がならんでいた。 職員室の上だった。 この歌は昭和二十八年に二年生全員に教えた歌である。 社会科の時間に、大きい声で、一生懸命、歌った。 

「 9 至誠寮寮歌 」    瀧澤太郎作詞・古越百治作曲

一 千曲の流れ 越ゆる風
  若芽に触るゝ 春の朝
  清き血潮の 高鳴りを
  胸にぞ秘めて 遥かなる
  理想の峯を 見つめつゝ
  歩みは軽し 朝日かげ
二 飯綱の峯に 湧く雲の
  崩れて騒ぐ 稲青田
  電光車軸の 雨あるも
  鍛えてやまぬ 意気を見よ
  青桐の葉の 青きうち
  力を致す 時ぞいま
三 朝は朝霧 夜は夜霧
  み寺の鐘に 日は沈む
  余韻は示す 吾がゆく手
  驍将の夢 偲びつゝ
  灯火のもと 研ぎ足らぬ
  魂をぞ磨く 秋の月
四 吹き荒らしたる 嵐止み
  軒の氷柱に 月影の
  映りて更くる 雪の夜
  集いは結ぶ 至誠寮
  教えの庭に 立たん身ぞ
  いさ諸共に 纜解かん

青年師範学校は学制改革によって昭和25年3月の卒業生で終了した。私は戦後の21年4月入学で、海軍兵学校、高等商船学校などに在籍していた人達が多くいた。自分でも土浦海軍航空隊飛行予科練習生に在籍した身であった。下伊那は9人の同級生で、年上の人が6人いた。同級生を見ていると、独自の個性を身に付けた人たちがおり、学問が如何に大切なものかを痛切に感じたものである。

下伊那出身のものは最初はすべて「至誠寮」へ入った。寮歌は青年にとっては自己との格闘によって位置づけられるような意味をもっていた。いろいろの感動がほとばしるものなのである。
そんな意味もあって、ここへ収めておく。

「 10 埴生の宿 」    作詞者 里見 義   作曲者 H.Bishop

1 埴生の宿も わが宿
  玉のよそい うらやまじ
  のどかなりや 春のそら
  花はあるじ 鳥は友
  おお わが宿よ
  楽しとも たのもしや

2 ふみよむ窓も わがまども
  瑠璃の床(ゆか)も うらやまじ
  きよらなりや 秋の夜半
  月はあるじ むしは友
  おお わが窓よ
  楽しとも たのもしや

     Home, Sweet Home   作詞者 F.Payne  作曲者 H.Bishop

1 'Mid pleasures and palaces though we may roam,
Be it ever so humble, there's no place like home;
A charm from the skies seems to hallow us there,
Which, seek thro' the world, is ne'er met with elsewhere.
Home, home, sweet, sweet home,
There' no place like home,
There's no plase like home.

2 An exile form home, splendor dazzles in vain;
Oh! give me my lowly thatched cottage again;
The dirds singing gaily, that come at my call:
Give me them and that peace of mind, dearer than all.
Home, home, sweet, sweet home,
There' no place like home,
There's no plase like home.

人間本来無一物、なんという素晴らしい表現だろうか。ヒュームのいう人間の幻影の果敢なさ。さて歌にしたらこの埴生の宿となるのだろう。
「ビルマの竪琴」は決して奇麗ごとではなく、実践となったら形而上の覚悟もできていない限り並大抵ではできないことだろう。
生来無一物、なんと素敵な表現だろう!

お気に入りの歌